未分類

42歳での転職の進め方

投稿日:

 42歳というと厄年で健康にも気を使うようになる年齢ですよね。

会社内でも中間管理職になったり役職がついていなくとも重要なポジションを任されていたりなどプレッシャーも大きくなる時期でしょう。

また中には不景気の憂き目にあいリストラされ転職を余儀なくされているかたもいるのではないでしょうか?

こんな時どのように転職活動をしていけばいいのでしょうか。

健康が最優先

40代で転職するとなると相当な覚悟が必要になりますよね。このままま今の職場に残るべきかそれとも他を探すべきか決められずに時間だけが過ぎていってしまいますよね。

もし仕事が激務であることを理由に転職を考えたのであれば迷う必要はありません。

健康な体があってこそ仕事ができ家族を養っていけるのですから体調を崩してしまい働けなくなったら職を失い家族を養ってくこともできなくなってしまいます。

今の働き方が常識的に考えて限界を超えているかいないかが考えればわかるでしょう。

あと2~3年で定年ならまだしもこの先20年働かなくてはいけないのですから無理をし続けてはいけません。

異業種への転職も検討しよう

営業職などであれば別の業界に転職し営業を続けることもできるでしょう。

しかし専門職などの場合は同職種で転職し会社が変わっても労働環境はそうかわらないでしょう。

職種や業界そのものが忙しければどこの会社に行ってもだいたい同じような環境です。

もしあなたの仕事がどこへいっても忙しいような職種なのであれば異業種への転職も考えましょう。ですができることなら今まで培ってきたスキルは無駄にはしたくありませんよね。

そんな時は転職エージェントに相談してみましょう。あなたのキャリアにマッチしそうな求人を探してくれます。

時間がない方は転職サイトのスカウトに登録しよう

転職サイトにはスカウト機能というものがあります。

匿名でプロフィールを登録しておけばあなたに興味をもった企業からオファーがもらえる可能性があります。

転職する意思はあるか今はタイミングが悪くなかなか転職活動の時間が取れない方はぜひスカウトに登録しておきましょう。

自分から探しにいかなくても向こうからやってきてくれるのであればこれほど効率的な事はありません。

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

thumb_www_r-agent_com

業界最大級の転職エージェントで案件も豊富です。

事業所も多いので地方在住の方でも最寄りの事業所で面談してみるといいでしょう。

メイテックネクスト

thumb_www_m-next_jp

製造系エンジニア専門の転職エージェントです。

製造系に特化することでよりきめ細やかなサポートをしてくれます。

ものつくり系エンジニアの方のはこちらがおすすめです。

DODA

thumb_doda_jp

転職するからにはやはり年収アップが期待できるかどうか知りたいものです。

DODAでは年収査定ができるので活用してみるといいでしょう。

-未分類

Copyright© 40代の転職とキャリア , 2018 AllRights Reserved.