未分類

40代になり長距離通勤に疲れてしまったので転職したい

投稿日:2014年8月2日 更新日:

40代長距離通勤転職

 直距離通勤も若いうちは体力があるのでなんとかなっても40代になるとさすがに辛くなってきますよね。

とくにこの年代は働き盛りで役職もつき毎晩遅くなることもあり自宅に帰ってから寝る時間もあまりないという方もいるでしょう。

中には家に帰る時間が無いので会社に泊まり込みしたり近くのビジネスホテルに泊まると言う方もいるのではないでしょうか。

年齢にあった働き方が大切

昔は役職がつけば責任の範囲は広くなりますが実務は部下に任せ早く帰れるようになったものです。

年齢的にも体力が衰えてくるので若い社員が知識と経験が無い分、体力の必要な仕事をし年齢が高くなるほど知識と経験がついてくるので管理職や知的労働にシフトしていき退職勝負の仕事から離れていき住み分けができていました。

しかし今は企業が社員に求めるものも多くなってきて管理職になっても長時間労働から離れることができずに責任まで追い非常に負担が大きくなってきています。

その上長距離通勤であれば体力が続かなくても無理はありません。

年齢にあった働き方をしないと無理が来てしまうのでもし今の会社では続かなそうであれば転職も選択肢にいれましょう。

自分らしい働き方をしよう

20代のころは将来出世する事に憧れ30代になり出世コースに乗れた人と乗れなかった人がはっきりしてきます。

そして40代になるとわかるのは出世するだけが人生ではない事に気が付きます。

大きな責任をおいプレッシャーでストレスを抱え続けるよりも平社員でいいのでストレスの少ない人生の方がいい事に気が付くこともあるでしょう。

若いころは出世に憧れますが出世すれば人生勝ち組ではないのです。

自分らしく働くことができている人が本当の意味での勝ち組なのです。

なので多少給料が下がっても自宅から遠くない会社で毎日家に比較的早く帰れて家族団欒の時間をとれるような会社に転職しましょう。

転職できなければ引越すのもあり

既婚でマイホームもあれば引越すというわけにもいかないでしょうが独身一人暮らしであれば今住んでいる場所にこだわらなくても会社の近くに引っ越すという方法もあります。

若いころは遊び友達と離れるのが嫌で地元を離れたくないという方も多いですが40代になると周りもほとんど結婚してしまい疎遠になってしまった方もいれば友達にあるのも年に一回程度飲み会をするくらいということが多いでしょう。

そうであれば別に地元にこだわる必要もありませんから会社近くでアパートを借りればいいでしょう。

片道1時間30分かけて通っていたところを30分でいければいままで往復で毎日3時間費やしていやところが一時間ですみます。

一日2時間も自分の時間ができればその分、体を休めることもできますし、趣味に時間を費やすこともできます。

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

thumb_www_r-agent_com

業界最大級の転職エージェントで案件も豊富です。

事業所も多いので地方在住の方でも最寄りの事業所で面談してみるといいでしょう。

メイテックネクスト

thumb_www_m-next_jp

製造系エンジニア専門の転職エージェントです。

製造系に特化することでよりきめ細やかなサポートをしてくれます。

ものつくり系エンジニアの方のはこちらがおすすめです。

DODA

thumb_doda_jp

転職するからにはやはり年収アップが期待できるかどうか知りたいものです。

DODAでは年収査定ができるので活用してみるといいでしょう。

-未分類

Copyright© 40代の転職とキャリア , 2018 AllRights Reserved.