未分類

40代で左遷されたので転職するには

投稿日:2015年9月5日 更新日:

40代左遷転職

 40代というと人生の中でも非常に危うい時期になります。

子供がこれから高校や大学進学などで一番お金がかかる時期でありながら会社ではリストラに怯えなければなりません。

うまく出世コースにのり順風満帆でいる人もいれば左遷で子会社に出向させられたり転籍させられる方もいるでしょう。

中には地方に転勤になり寂しい単身赴任生活を強いられる方もいるでしょう。

年収だけでなく総合的に考えよう

例えば転職しても年収が下がるかもしれないから我慢するしかないと考える方もいるでしょう。

しかし出向して転籍になればどちらにせよ年収ダウンがまのがれないでしょう。特に単身赴任の場合、住宅費用を全部会社負担とは限りません。

また家の月に数回帰れば交通費もバカになりません。

転職することで年収がダウンしてもそれらを考慮すれば+になるのであれば転職した方が結果的にいいと言えるでしょう。

会社を辞めなくても転職活動はできますので仕事を続けながら地元で転職先を探すといいでしょう。

能力を発揮できる会社を探そう

例えばあなたが管理職であったとするとたとえ能力があったとしても実務からは離れ高い給料を払わなければならない人間なのでリストラや左遷の対象にされてしまうでしょう。

そのような場合は転職して再び現場に戻るといいでしょう。

現場であれば能力があればリストラや左遷対象にはされにくいでしょう。

また大企業では能力的に並の社員でも中小企業にいけば会社内では高い能力をもつ人材になることもあります。

とくに研究、開発など人材の育成にコストのかかる分野では顕著に現れるでしょう。

今の会社では期待されていなくとも転職すればエース的な存在になれることもあるのです。

在職中に転職活動すれば失業の心配もないのでチャレンジしてみよう

40代というと失業不安が常につきまといますよね。

ですが何も会社を辞めて転職活動する必要はありません。働きながら転職活動をして納得いく条件の会社に転職が決まったら今の会社を退職すればいいのです。

何もしなければ左遷先で過ごすか退職するしかありません。転職活動をすれば左遷先よりもいい条件で働ける会社が見つかるかもしれないのでチャレンジするだけの価値は十分にあります。

左遷先で定年まで勤められるのか?

転職しないで今の会社に残る場合でも40代であればあと15~25年は勤めなければならないので左遷先であっても定年まで勤められそうかどうかということが重要になります。

なぜなら今ならまだ転職して定年まで勤められる会社を見つけることができても50代になってからリストラされ失業したら再就職のハードルも一気に高くなってしまうからです。

もし今の会社で定年まで勤めるのが厳しいようであれば行き場を失う前に逃げ道を見つけておきましょう。

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

thumb_www_r-agent_com

業界最大級の転職エージェントで案件も豊富です。

事業所も多いので地方在住の方でも最寄りの事業所で面談してみるといいでしょう。

メイテックネクスト

thumb_www_m-next_jp

製造系エンジニア専門の転職エージェントです。

製造系に特化することでよりきめ細やかなサポートをしてくれます。

ものつくり系エンジニアの方のはこちらがおすすめです。

DODA

thumb_doda_jp

転職するからにはやはり年収アップが期待できるかどうか知りたいものです。

DODAでは年収査定ができるので活用してみるといいでしょう。

-未分類

Copyright© 40代の転職とキャリア , 2018 AllRights Reserved.