未分類

40代機械設計での転職を成功させるには

投稿日:2015年9月6日 更新日:

 40代で失業したり残業が多すぎるなど労働環境が悪かったり職場での人間関係がうまくいかずに転職を考えている機械設計者もいるでしょう。

ですが年齢的に転職できるかどうか不安もあるでしょうし機械設計者としてのキャリアを生かせる仕事でないと困りますよね。

このような時に低リスクで転職活動するにはどうすればいいでしょう。

現職中に活動する

まだ現職中であれば決して会社を辞めずに働きながら転職活動をしましょう。

まずは家族の生活を守ることを優先しましょう。仕事を続けながらであれば両立は大変でも生活には困りません。

先に辞めても再就職活動が長期化した場合のリスクがともないます。

転職エージェントなどを利用すれば技術系の求人の紹介をしてくれるだけでなくその他面接対策などのサポートもしてくれます。

JAC Recruitmentは転職エージェントの中でもアドバイザーが優秀であることで定評があるのでぜひ活用してみるといいでしょう。

現職中に自力で活動するのは負担が多く挫折してしまうこともありますのでプロのサポートを受けましょう。

キャリアを生かせる仕事とは

経験を生かすと言うことは何も前職全く同じ仕事ということではありません。

製品が変わったても応用は効きますし、開発職でなくとも生産技術に転向することもできるでしょう。

またCADができればCADオペレータでもいい訳ですから全く同じ仕事にこだわっていけません。

とくに機械な長年の経験が必要な仕事は転職市場でも需要が高くあります。大企業などのように資金力のある会社は一から社員を育てることができても中小企業などの場合、人材を育てるのが大変ですから即戦力になる人材は非常の好まれます。

専門性が高くなればなるほど求人数も少なくなりますから広い範囲で転職先を考えていかないとなかなか再就職することはできませんよ。

-未分類

Copyright© 40代の転職とキャリア , 2018 AllRights Reserved.