キャリア

40代で契約社員しかなれない正社員の戻ることはできるか

投稿日:

40代契約社員

40代ともなると多くの方はもう転職は考えていなく今の会社に骨をうずめる覚悟ができている年齢ですよね。

ですが自分では会社に残りの人生を預ける覚悟ができていても会社側がそうさせてくれるとは限りません。

業績の悪化でリストラをしなければならなくなる時もあります。その結果失業してしまった方もいますよね。

こんな場合もう年齢的に正社員が難しいのでしょうか契約社員か派遣しかないのでしょうか。

チャンスはまだ十分にある

40代だから正社員になれないということはありません。

当然20~30代に比べれば不利になります。また多くの方が誤解しているのが40代でまともな職歴がなければ当然正社員になるのは難しいですが今まで真面目に働きコツコツとキャリアを積み上げてきた方であれば仕事を選ばなければ正社員として採用してくれる企業もあるでしょう。

企業側も単に若いというだけで採用している訳ではありません。特に中途入社の場合は即戦力になる人材が欲しい訳です。

まだ創業したばかりの企業で社員の平均年齢が極端に若い場合もあります。経営者としてはマネジメントもできる経験豊富な人材が必要だが新卒でまた創業数年なのでそれだけのスキルのある人材が社内にはほとんどいない場合もあります。

また育つまでには時間がかかるので社外から見つけてくるしかないのです。

他にも技術職などの場合は誰でもできる仕事ではありませんし、ある日、社員が病気で急に退職する事になった場合その穴埋めをするには替わりが務まる人材が社内にいなければ社外からつれてくるしかありません。

多少年齢が高くとも必要としている人物像にあなたがマッチしていれば正社員になれるチャンスはいくらでもあるのです。

アルバイトしながら就職活動をすればいい

失業中の一番の悩みの種といえば生活費の問題ですよね。

貯蓄もどんどん減っていき生活費がなくなってくるから気持ちが焦ってしまいもう正社員じゃなくてもいいやってなってしまいます。

こんな時はアルバイトをしながら再就職活動をしましょう。

多くの方は就職活動に専念したいからといいつつもやることがない日の方が多いですよね。

とはいえお金も無駄にできないから家でゴロゴロしているだけで奥さんの怒られているというのが現実ではないでしょうか。そうであればシフト制のアルバイトをしながら就職活動をした方が時間を無駄にしないで済みますし、貯蓄が減るのを防ぐことにもなります。

生活費さえ確保できれば焦って契約社員や派遣社員にならずとも長く就職活動を続けることができます。

仕事は慣れるまで我慢する事が大事

せっかく正社員として再就職することができてもすぐに辞めてしまう方も多くいます。

その多くの理由が仕事が合わなくなかなか覚えることができないということや人間関係がうまくいかないなどです。

ですが新卒の時のことをよく考えてみて下さい。仕事ができないのは当たりまえではなかったでしょうか。

たしかに今はもう40代ですから周りも新卒と同じ様に広い目で見てはくれませんが始めのうちはできないことわからないことがあっても当然です。

前職と同職種であっても業界が変われば分からないことばかりですし、同業であっても異職種であればこれも同様にわからないことばかりです。

たとえ同業同職種であったとしても会社が変われば仕事のやり方もかわるので新卒の気持ちで始めの2~3年は我慢が必要なのです。

年齢的にもプライドが高くなってしまっているのでなかなかこの期間を乗り切る事が出来ない方が多いのですがまた他の会社に転職したところで同じになってしまいます。

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

thumb_www_r-agent_com

業界最大級の転職エージェントで案件も豊富です。

事業所も多いので地方在住の方でも最寄りの事業所で面談してみるといいでしょう。

メイテックネクスト

thumb_www_m-next_jp

製造系エンジニア専門の転職エージェントです。

製造系に特化することでよりきめ細やかなサポートをしてくれます。

ものつくり系エンジニアの方のはこちらがおすすめです。

DODA

thumb_doda_jp

転職するからにはやはり年収アップが期待できるかどうか知りたいものです。

DODAでは年収査定ができるので活用してみるといいでしょう。

-キャリア

Copyright© 40代の転職とキャリア , 2018 AllRights Reserved.