未分類

管理職を辞めたい

投稿日:

40代管理職辞めたい

 同じ管理職でも30代と40代では求められる能力が変わってきます。

30代の内は実務を一般社員と一緒に行いながら現場をまとめていく役割だったかもしれませんが40代になると次にリーダーになる部下の教育や役員などさらに上の上司と接する事も多くなってきます。

しかし40代なり責任が増すと負担も大きくなりそれに耐えられなくなってくる方もいますよね。

また人員が不足している会社などではそれらの役割をこなしながら現場仕事も続けなければならないという方もいるでしょう。

こんなことならいっそ管理職を辞めたいと思っている方はたくさんいるでしょう。

自分にあった働き方を選ぼう

 昔に比べ年功序列は少なくなってきたと言っても今でも年控除列の企業はたくさんあります。

能力があっても若い社員を昇進させると人間関係やパワーバランスが崩れうまくいかないこともたくさんあるのです。

しかし自分自身リーダー向きでないと分かっていても昇進を打診されることもありますよね。

乗り気ではないが断る訳にもいかないので受けたがうまくいかずに精神的に参っているという方もいるでしょう。

そんな時は転職してキャリアを一度リセットするのもいいでしょう。偉くなるだけが人生ではありません。自身にあった働き方をしてストレスの少ない生活を送った方が精神的に豊かな人生を送れるでしょう。

昇進よりもキャリアを磨こう

将来失業し再就職する時がやって来た時も管理職をしているよりも現場でキャリアを磨き続けてきた方が有利になります。

役職はその企業内では権限もあり尊敬されるべき存在かもしれませんが転職市場ではあまり意味を持ちません。

転職市場では即戦力になるかどうかの方が重要なのです。実務に関しては管理職をしていた人間よりも現場で働いていた人間の方が戦力になるのは歴然だからです。

管理職が性に合わないという方は現場でキャリアを磨き続けたほうが将来の自分への保険にもなるでしょう。

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

thumb_www_r-agent_com

業界最大級の転職エージェントで案件も豊富です。

事業所も多いので地方在住の方でも最寄りの事業所で面談してみるといいでしょう。

メイテックネクスト

thumb_www_m-next_jp

製造系エンジニア専門の転職エージェントです。

製造系に特化することでよりきめ細やかなサポートをしてくれます。

ものつくり系エンジニアの方のはこちらがおすすめです。

DODA

thumb_doda_jp

転職するからにはやはり年収アップが期待できるかどうか知りたいものです。

DODAでは年収査定ができるので活用してみるといいでしょう。

-未分類

Copyright© 40代の転職とキャリア , 2018 AllRights Reserved.